FC2ブログ

ジャガイモに実がなった?

ジャガイモの実
ジャガイモの実2
畑のジャガイモに、気がついたら実がなっていました。
何とびっくり!(゚o゚*) トマトにそっくりです。

種ができたら、これから苗を育ててみよう・・・
経験のある方、教えて欲しいなぁ。

▲お供えのお花を花壇の堆肥にしています。

永代供養墓「やすらぎの碑」には、多くのお花が供えられます。
全景

供花が古くなると、回収して堆肥として利用し
ます。右が枯花置き場で左側が堆肥箱です。
置き場

まず、回収した枯れ花を粉砕します。
乾燥しているとかなり細かくなります。
ちっぱ

ふんさい

園内で回収した落葉の腐葉土を加えます。
おちば
山積みにしているので、カブトムシの幼虫の寝床になってしまった~~。
慎重に・・・

細かくなった枯花に、落葉腐葉土、もみ殻、米ぬか、鶏糞をくわえて、水をかけながらよくかき混ぜます。
米ぬか、鶏糞はふるいにかけます。
落葉混ぜ

もみがら

こめぬか

けいふん

よーく、かき混ぜます。水分が少ないと発酵しません。手で握って水がにじむぐらいならOKです。
みずかけ

混ぜ

箱に積み入れます。このとき天辺を丸く山にして積むのがコツです。通気性の有るカバーをして、
積み込み

かばー

雨水が入らないように蓋をしますが、空気が遮断されるのはいけません。
箱

3日後です。
温度を測ってみると、68℃になっています。順調~~!
温度はかる

温度1

5日後です。表面に白い菌がしっかり付着しています。
温度は60℃。いい感じです。
温度2

1週間もすると温度は下がります。3~4週間後おきぐらいに、もう二度ほど攪拌し切り返し、来春には花壇の堆肥として使用できます。
皆様の祈りとともに、美しい花が咲きますように。
花壇

◆復興だいこん。落ち葉堆肥で、すくすく育っています。

うね
秋の畑。
無農薬栽培です。
もちろん化学肥料も一切使用しません。雑草も適度に放っておきます(手抜きではないぞ)。
畝が高く、また畝間も広いので、周りの畑仲間からは、贅沢な畑ね~~と言われます・・ (^_^;
びーつ
赤ビーツです。
ボルシチで有名。
葉っぱは、ほうれん草のようにおひたしで、美味しくいただけます。
ビーツは「飲む血液」といわれるほど、リン・ナトリウム・マグネシウム・カリウム・鉄・カルシウムを豊富に含んでいるそうです。はくさい
ハクサイです。
葉っぱの中には時折、緑色のクモが住んでいて、害虫の番をしています。
他にも、巣をはらない?クモが地面にいっぱいいて、私が歩くとわさわさと動き回ります。
野菜たちを守ってくれる頼もしいヤツです
(=`ー´=)
だいこん
だいこんです。
畑の土には、落葉堆肥やもみ殻くん炭をふんだんにすき込んでいます。

わが野菜たちは、健康でとって~もみずみずしいです。

だいこん2本
震災後の激務に耐えつつ、朝も早よから働き、
よ~く育ってくれました~っ!(≧∇≦)

君に、“復興だいこん”の名を授けよう!

曲がりねぎ 曲がりネギです。 
かぶ こカブです。 
たまねぎ 玉ネギ植えました。

復興だいこんは、収穫後に待合室で無人販売予定(土付き・葉付き1本10円です)。
“いのちの環っか”活動より。
http://www.miyagi-reien.or.jp/sinkukaku.html

実りの秋 稲刈りしました!

実りの秋です。
手塩にかけて育てた稲たちが、台風にも負けず、収穫期をむかえました。
田植えと同様、手作業にこだわりました。

稲刈り5     稲刈り2

稲を刈るときは、小指を切らないように、稲の束を押さえる手と鎌を持つ手を同時に引くようにしながら刈ります。
刈り取った稲は、わらで束ねていくのですが、コツがあってなかなかうまくいきません。

稲刈り3     稲刈り4     稲刈り1

稲の束をはせ掛けし、天日干しで2週間ほど乾燥させます。
機械で乾燥させると、あっという間に出来ますが、天日干しのお米とは味に違いが出るそうです。
やはり、手間と愛情がうまみのエッセンスですね。

消し炭&もみ殻くん炭作り

今日は役目を終えた塔婆を使って、消し炭ともみ殻くん炭作りにチャレンジです。当園では、塔婆や骨壷の木箱、お供えの花は、その一部だけでも堆肥化して大地に還す活動をしています。


IMG_0695.jpg
まず、塔婆を裁断して細かくします。

IMG_0704.jpg
細かく裁断した塔婆をくん炭用の煙突の下に敷いて着火。
燃え始めたら、煙突にもみ殻をかけます。

IMG_0700.jpg
煙突の上からも塔婆を入れて・・・。これが塔婆の消し炭になります。

IMG_0721.jpg
一方、もみ殻の方は火が弱いのか、炭化がなかなか進みません。
U字溝で煙突に通気口を作ったら、これが大成功!火が強くなりました。

IMG_0738.jpg
煙突に接している部分はすぐに炭化します。
下から上に向かってもみ殻を混ぜます。

IMG_0734.jpg
おっとっと、これは燃え過ぎ。そのまま放置しておくと灰になります。

IMG_0739.jpg
全体が均一に炭化するまで、何度か同じ作業を繰り返します。
この日は暑さが厳しく、作業も大変です(>_<)

IMG_0762.jpg
水をまいて火を消し、良く乾燥させれば完成です。できあがった消し炭ともみ殻くん炭は、園内の花壇や農園の堆肥に使います。
良い土になり、豊かな緑が育まれますように・・・。

田植え

昨年の野菜作りに続き、今年は稲作にも挑戦!

田植え1

まずは、手植えの下準備。田んぼの中に印をつけていきます。
これが、結構な重労働。泥に足をとられて、思うように進めません><

田植え2   田植え3

稲の束を所々に置いて準備完了! いよいよ、田植え開始!! 
マス目に沿って、手植えをしていきます。

田植え4   田植え5

皆さんのご協力で、無事終了。お疲れ様でした。

田植え6

こちらは、無農薬で育てている畑です。

落葉堆肥を使っています。  田植え8 
田植え9  肥料を使わない、自然栽培です。

イチゴやきゅうり、じゃがいも などなど・・・。 収穫が楽しみです!

卒塔婆・枯花で堆肥

枯花1
1. 今年のお盆とお彼岸で、役目を終えた塔婆です。南無南無。これから大地に還ります。
枯花2
2. 裁断します。
枯花.3
3. なたで、割ります。
枯花4
4. チッパーで砕きます。
枯花5
5. ようやく細かくなりました。さて、卒塔婆・枯花の堆肥つくり開始です。H22.10.6
枯花6
6. 細かく裁断した殻花と混ぜます。この枯花は前もって野積みしてあります。
枯花6あ (^v^)枯花6b
お盆やお彼岸の供花を回収します。   軽トラに運んで、
枯花6c(^◇^)枯花6d
こんなに、たくさん集まります。      体積を減らすのに乾燥します。
枯花6e(^_^)枯花6f
その一部をシュレッダーで裁断し、しばらく積んでおきました。
枯花7
7. モミガラを混ぜまず。職員が農家なので持ってきてくれます。
枯花8
8. コメヌカです。
枯花9
9. コメヌカは玉になって混ざると腐ってしまうので、ふるいにかけます。
枯花10
10. がんばって、よーく、よーく、よーく混ぜます。
枯花11
11. おまじない?です。しっかり分解し、よい土になりますように・・・。
枯花12
12. これを全体にかけ、なじませて、
枯花13
13. 水をかけます。
枯花14
14. よーく、よーくかきまぜて、ぐっと握ってみて指の間から水が少しにじむようなら、OK。
枯花15
15. 丸い山のように、木枠に積んで、
枯花16
16. 蓋(不要になったジュウタン)をして、今日の作業は終了です。おつかれさま。
枯花17
17. 次の日です。H22.10.8.am8:30 温度を計ります。周りに少し白い菌が付いている・・・。
枯花18
18. 61℃です。いい感じ、順調です。
枯花19
19. 4日後です。ちょっと温度が下がってきました。53℃です。
枯花20
20. 5日後です。なんかぷくぷく泡が立っています。昨晩、雨が降ったからかなぁ?~。
枯花21
21. 温度は43℃です。温度はあきらかに下降傾向です。
枯花22
22. 6日後。表面の白い菌の付着がめだってきました。
枯花23
23. すこし掘って計ります。35℃。内部にも白い菌が発生しています。いい感じ。おまじないの成果がでた?でも、温度が下がるのが少し早すぎるかなぁ~。もう数日、このまま様子をみてみよう。
枯花23no1
ところで、これがおまじないの材料です。
今年畑でとれたクズ大豆と刈り草をまぜて菌を付け、それを温水でといた物です。効果があると信じて堆肥作りに利用してみます。
枯花24
24. お知らせです。当園では、塔婆や骨壷・位牌を収める場所を設置しています。”卒塔婆納め”は園内に数箇所。”骨壷納め”は管理事務所前です。役目を終えた宗教物はこちらに納めてください。当園では、塔婆や骨壷の木箱、お供えの花などは、できるかぎりゴミとして廃棄せず、堆肥化して大地に還っていただくよう活動をしています。良い土になり、皆さんの祈りとともにやがて豊かな緑となりますように・・・。
枯花25
25. 10日後H22.10.16。25℃です。外気温よりやや高い程度です。
枯花26
26. やや早いですが、第1日目の切り返しをすることにします。少し水を加え全体に混ぜなおします。戻し堆肥としても利用するので念入りに・・・。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

にゃん’太。

Author:にゃん’太。
初代霊園ネコ”うっしー”が旅に出たため、このたび2代目霊園ネコを拝命いたしました。
まだまだ未熟なごんぼネコではございますが、私を見かけましたら、モフモフしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR